• 『町の記憶PROJECT 南千住10000枚の記憶』NPO法人千住すみだ川 photo:Shigemitsu Ebie

    10月29日(日) 中央区まるごとミュージアム

      事前予約イベントのご案内!

    ●銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)を舞台に、1日限りの展覧会と2つのイベント(①近代建築まるごとMUSEEツアー ②銀座フロッタージュ体験)を実施いたします!※イベントは事前予約制

    詳細 http://www.marugoto-chuo.jp/event/837

     

    ①MUSEEまるごと「建築ツアー」時間:10:30~12:00 (定員15名※先着順)

    中央区近代建築100選、戦前から残る「銀座レトロギャラリーMUSEE」を1階から屋上まで、オーナーの川崎力宏さんがご案内。解体を取りやめ保存した経緯、ギャラリーでの実験的取り組み、発見などもお話します。

     

    ②「銀座フロッタージュ体験」時間:13:00~14:30(定員10名※先着順)

    美術作家の酒百宏一さんを講師にお招きし、外観の「加飾タイル」をモチーフに、フロッタージュ(紙をのせて色鉛筆で模様をこすりだす技法)を体験いただきます。昭和のタイルに触れて建物の記憶に迫ります。

     

    ●申込方法:メール

     

    ●申込み開始日時9月25日 午前9時~(先着順)

     必要情報(住所、氏名、年齢、電話番号、参加希望内容①建築ツアー又は②フロタージュ体験)を

     明記し ginzamikke@outlook.jp まで、お申し込みください

     

  • 2017年「銀座、次の100年のためのスタディ展」関連イベント

    土曜日の ゲストトーク実施!(会場:銀座レトロギャラリーMUSEE)

    銀座レトロギャラリーMUSEEで開催される「銀座、次の100年のためのスタディ展」(2017年1月4日~2月19日)で、ゲストトークを企画させていただきました!

    展覧会詳細 Web: http://kawasaki-brand-design.com/?p=7202

    開催時間:18:30~19:30  定員:20名(申込み順)※各プログラム共通

    1月14日(土)「これからの銀座の街について」

    ゲスト:竹沢えり子氏

     (銀座街づくり会議・銀座デザイン協議会 事務局長)

    参加費:500 円(謹製ミニMUSEE お土産付き)​

    慶應義塾大学文学部卒業。2011 年、東京工業大学大学院社会理工学研究科博士課程修了、博士(工学)。博士論文にて日本都市計画学会論文奨励賞を受賞。著書『銀座にはなぜ超高層ビルがないのか』(平凡社新書)、共著に『銀座 街の物語』(河出書房新社)など。

    1月21日(土)「銀座建物ものがたり 銀緑館」 上映会&トーク

    ゲスト:石川信行氏 西松典宏氏(銀座奥野ビル306 号プロジェクト)

    銀座6 丁目、かつて「銀録館」という小さなビルがあった。関東大震災後に建てられ、大規模な再開発により2013 年に歴史の幕を閉じた。地下には剣持勇・渡辺力デザインの「BAR TARU」、3 階には「現代画廊」、5 階には「テーラースコット」があり、文化の香りの漂うビルだった。銀録館の誕生、建物の特徴の紹介、関係者の声など、ビルの歴史と物語に迫ります。​

    HP http://306project.web.fc2.com/

    1月28日(土)岸本Labo「海外のリノベーション事例」

    Labo マスター:岸本 章氏 (多摩美術大学環境デザイン学科教授)

    東京都生まれ 1979 年、多摩美術大学美術学部建築科卒業 1982 年、東京藝術大学美術学部大学院修了 1982 ~ 1985 年、山下和正建築研究所 1986 年~岸本章設計所 1988 年~多摩美術大学建築科非常勤講師 1999 年~多摩美術大学環境デザイン学科助教授 2007 年~准教授 2008 年~教授 日本民俗建築学会理事、日本建築学会会員、道具学会会員。
    HP http://www.tamabi.ac.jp/kankyou/kishimoto/

    2月4日(土)「100周年。建築保存と不動産開発 の現場から」

    講演:川崎力宏氏(銀座レトロギャラリーMUSEE代表)

       高上 旭氏 (高上旭デザイン事務所 代表)

    大手ハウスメーカー勤務を経て、家業である九州の建設会社を継ぐ既定路線から一転、独立。川崎ブランドデザイン4 代目。2013 年、銀座に残る近代建築を取得。藤本壮介氏設計の高層ビル新築を計画するも、解体直前にレトロな魅力に取り憑かれ保存を決意。装いも新たにギャラリー開廊。以来50 本を超える展覧会を開催。2015 年法政大学 経営大学院I.M. 専攻修士課程(MBA)修了。中小企業診断士として、銀座ギャラリーの新しい未来を切り拓くべく活動している。また国際不動産投資家として、世界各国将来の都市景観に投資を行っている。創業100 周年を記念して制作された映像と共に、その制作を担当した高上旭氏と対話形式で、歴史に裏打ちされたリアルな建築保存、不動産開発について講演します。

    2月11日(土)「中銀カプセルタワービル~名建築を保存する 7 つの方法」

    ゲスト:前田達之(中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト代表)

    2010 年に1つめのカプセルを取得し、2011 年より中銀カプセルタワービル管理組合法人で監事を務める。ビルの保存・再生を求めて、管理組合、管理会社、オーナーと交渉を続け、2014 年には中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクトを立ち上げる。翌年、クラウドファンディングを成功させ、ビジュアルファンブック「中銀カプセルタワービル 銀座の白い箱舟」を出版。およそ20カプセルのリノベーションを手掛ける他、国内外のメディア対応や「カプセルバンク」「アートプロジェクト」等に取り組む。
    HP http://www.nakagincapsuletower.com/

    2月18日(土)クロージング「総括 MUSEEの可能性を引き出す」

    建築家:菊池 甫氏 山本展久氏(展示 アーキディレクション担当)

    菊池甫】oohk- 菊池甫一級建築士事務所 【山本展久】山本展アトリエ荒川企画室共に1982 年生まれ、大分大学大学院修了後、設計事務所勤務等を経て、現職。 東京の下町に拠点を構え、所縁のある東京・大阪・九州の3 地域を中心として活動を展開中。東京都美術館主催『Arts & Life:生きるための家』展( 藤本壮介賞)、『吉備線LRT 駅デザインコンペティション』( 佳作) など国内コンペの入選・入賞多数。本展においては一年がかりで準備を重ね、建築という立場から銀座とそこに建つMUSEE について改めて考察。これからの100 年をどう歩むべきかを検討しながら、鑑賞者に自由な発想と閃きを促すコンテンツ構築に挑んだ。

  • Nakagin AIR 2014 参加、 原摩利彦インスタレーション作品

    「Music For Capsule Tower 」

    2014 Nakagin AIR participated MARIHIKO HARA installation work

    滞在期間中に録音された銀座や築地の音が利用されています!

  • Architecture Exhibition in Ginza 銀座たてもの展実行委員会

    中銀カプセルタワービル(銀座8丁目 1972年竣工)と奥野のビル(銀座1丁目 1932年竣工)を拠点に様々な文化活動を実施。近現代建築を活用し、「地域の文化資源」としての建物の存在する意義を問いかけ続けている(展覧会、見学会、アートプログラム等の企画実施)

    Nakagin Capsule Tower (1972 completion) and Okuno of building ( 1932 completion) carrying out various cultural activities based in. To take advantage of the modern and contemporary architecture, the building is a "community of cultural resources", and has continued questioning the significance of the "familiar cultural heritage" (Exhibition, tours, planning the implementation of such art program)

    展覧会 Exhibition

    建築ツアー Tours, planning

    講演会 Lecture

    協力 Cooperation

    中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト

    Nakagin Capsule Tower Building Preservation and Restoration Project

    中銀カプセルタワービルという歴史的建築物を、後世に末永く引き継いでいくことを目的とし、適切な修繕活動、新たな使い方の提案、建物の認知を高めるための広報活動などをおこなっており、2015年には「中銀カプセル」をテーマに、ビジュアルファンブック『中銀カプセルタワービル 銀座の白い箱舟』(青月社)より出版。

    中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト

    HP http://www.nakagincapsuletower.com

  • 【お問合せ】Contact

    下記又は、ginzamikke@outlook.jpのアドレスで受付ております。